ABRACADABRA

18,500円(税込19,980円)

購入数
実験的、前衛的なエフェクトをリバーブというカテゴリーの中で追求し、優れたデジタル技術を異常な方向に活かしきった末に完成したこのABRACADBRAは、我々人類が古来から愛する、美しく自然な残響音を作ることが全くできません。残響音を作るエフェクターでありながら、ディレイやリバーブとは呼べない、強いて言えばギリギリでリバーブの体裁を保っている、そういったエフェクターです。
 ABRACADABRAは後述の8種類の残響モードを搭載し、"Mode''コントロールノブでそれらを切り替えることが可能です。また、各モードで効果の異なる4つのパラメーターコントロールが用意され、残響効果の枠を完全に超えた、様々な前衛的効果を作り出すことに大きな力を発揮するでしょう。加えて、基礎的な演奏を助力する機能を持った3つのスイッチを備えており、様々な創作活動に活用できるものとなっているはずです。
 弦楽器、打楽器、鍵盤楽器、民族楽器など、様々な楽器での使用テストを終えて完成した本製品は、先述の優れた楽器類にも匹敵する、一つの楽器としての驚異的な個性を放っています。是非、新たな音楽を作るためにお役立てくださいませ。





モードリスト

Exotic Oct Up:残響音にフィルタリングされた倍音を加え、様々な効果音を生成

Exotic 5th:残響音にフィルタリングされた倍音を加え、様々な効果音を生成

Oct Up + Vib:倍音の加わった残響音のピッチを不安定に揺らし、サイケデリックな音色を再現

Shimmer + 5th + Vib:さらに多くの倍音が加わった残響音のピッチを不安定に揺らし、よりサイケデリックな音色を再現

Inf + Cho + Oct Up:エフェクトがオンになった瞬間の音を保持したまま、コーラス、ピッチシフトを加えることが可能

Inf + Cho + Oct Dn:エフェクトがオンになった瞬間の音を保持したまま、コーラス、ピッチシフトを加えることが可能

Error Delay:ディレイ、倍速リバースディレイの二つを交互に出力し、ランダムグリッチしたような残響音を生成

SH + Noise:2種類の異なるエレクトロニカノイズが混合した、なんだかセンチメンタルなムードを作る残響音

・モードつまみはその時選択されたモードにより色が変わります。(ON時のインジケーターにもなっています)

トグルスイッチ
Unlatch:フットスイッチ踏んでいる間だけエフェクトがオンになるモードです。特にInf + Cho + Oct Up、Inf + Cho + Oct Dnモードでご活用ください。
Tail:エフェクトオフ時にも直前の残響を残すモードです。
Kill Dry:エフェクトオン時、原音を一切出力しないモードです。


仕様
サイズ:W39mm D93mm H45mm(突起含む)
入力インピーダンス:1MΩ
バイパス方法:バッファードバイパス
対応電源:9VDC センターマイナス
消費電流量:約60mA
※電池使用不可